top of page

トイレトレーニング

トイレトレーニングで

大事なのは記録をつけるという

事なのです。


具体的に朝オシッコをします。

登園してオシッコをします。

授業の区切りでまたトイレへの

促しがありますよね。


出来ればというか

園でしてほしんですが

都度、オムツが濡れていないか

確かめてもらいたいのです。


それを朝から晩までママと

園で協力し合いその記録を

取ることでオシッコを

どのくらい我慢できるのか

わかるのです。


個人差があるので1時間も

我慢出来ない子もいれば

40分も我慢できない子も

いるというわけです。


だいたいお子さんのオシッコの

限界がわかったら

その前にトイレに行くよう

にしてもらいます。成功させます。

そして、褒めてあげるのです!

た・だ・し

「おしっこでてないね」

という褒め方はマズイです!

ポイント

「トイレでできたね!」

「凄いね」

この褒め方にしてください

でないと、子どもはオシッコを

しないことが良いことと勘違い

してしまうからです。


家ではトイレでできたとき

お菓子をパッと口の

中に入れてあげます。


これは一番効果的です!


お菓子がずっといるよう

になるのでは?

と思われがちですが

お菓子は少しづつ間隔をあけながら

最終的に入らなくなります。


それでほとんどの子は

習得できています。


是非、実行してみてください♪


そうだ!

これも言っておかないと

子どもが失敗して漏らしてしまった

時、ここもポイント!

大丈夫だよ^^

出ちゃったね^^

冷たいね^^

これはだめですよー

黙々と視線を合わせずに

パンツを淡々と履き替えてあげます。


でないと、おしっこ漏らせば

ママがそばに来てくれて

独り占めできると思うんですよ。


ですから、原点に戻り

トレーニングなので

頑張りましょうね^^


怒るわけでも叱るわけでも

ないですからね^^;

悪しからず、よろしくお願いします^^/





閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係の重要性について

信頼関係と一口にいっても ものすごーい 深い意味がありますね! 子供が療育過程をフローにしてみると 少し短絡的にはなりますが こんな感じだと思うんです。 ①予告で行動できる力 ↓ ②待つことで自分を築く力 ↓ ③行為の動機を確認する力 ↓ ④気づきが実践できる力 ↓ ⑤他者との折り合いをつける ↓ ⑥相手の発言を受容できる この⑥の時に最も信頼関係が 必要だと思うんです。 発言されるという事は 場

療育の根拠

ココチムでは 児童発達支援と放デイ の療育について根拠を大切に 取り組んでいます。 児童発達の児童において大切に しているのは非認知ですね! 認知が確立していないので ABA(応用行動分析学)で 療育を行っています。 簡単に言うと自己が確立して いないので正しい行動を 褒めながらダイレクトに 入力できるのですね♪ これは早期療育の利点とい えます。 反面、6歳からの放デイ児童 においては認知が出来

勉強についていけない

ついていけない こともあれば、 物足りないこともある。 義務教育が苦手とするところ ですね! 私は、前者のついていけない 子どもを担っていますので こちらについて書いてみますね。 原因は 教え方がその子に合って いないからですね。 わからないまま 授業が進んでいってしまい ますから、勉強が嫌いに なったり苦手になるのも わかりますね。 どうすれば? ①一回止まって整理しよう ②得意なことから勉強が

Σχόλια


bottom of page