top of page

体罰について

どうして体罰をしてはいけないのでしょうか?


こんなことしないと思われます?・・・^^;


私はABAを勉強する前は知らず知らず

に我が子には悪戯をするとついつい

大きな声で「コラ!」とか

「ダメだって言っただろ!」など

ほんの少しでもあるんじゃないかな^^;


後から心が痛かった記憶があります"(-""-)"


そこで体罰の定義ですが

体罰の定義

「親や指導者が利用者や学び手に

精神的・肉体的に苦痛を与える行為

を言います。


具体的には

①直接的 殴る‣蹴る

②間接的 長時間の正座・閉じ込める

③言葉  大きな声・脅す・罵る


なぜ体罰はいけないのでしょうか?


体罰には大きな弊害があります。

1、体罰を受けた人は暴力的・抑鬱的に

なることがある(ビクビクする性格に)

2、体罰をした人を嫌いになり人間関係

が破綻する

3、体罰を受けた人が体罰をすることを

学習してしまう

4、体罰がエスカレートして虐待につな

がる可能性がある

(勉強しろ!っていうと勉強する。

強く言えば聞くんじゃん・・・

でも、大声が聞かなくなるともっと

激しくなり、やがて体罰になっていく)

5、体罰を避けるために不適切な行動が

増える

(自分の意思ではなく顔色を伺う)

この5つがあるんですが


結局、ダメなのはわかるのですが

体罰は何も教えることができないんです。

始めから分かっていればやっていると思うんす。


ですから、体罰は正しいことを教える

ことができない「やり方がわからない

・どうやってやるかわからない」


そこを助けてあげることこそが教育

であり療育であるので体罰は正しい

行動を教えてくれないから

私たちはそこをサポートする事こそが

仕事かなと思います。





閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係の重要性について

信頼関係と一口にいっても ものすごーい 深い意味がありますね! 子供が療育過程をフローにしてみると 少し短絡的にはなりますが こんな感じだと思うんです。 ①予告で行動できる力 ↓ ②待つことで自分を築く力 ↓ ③行為の動機を確認する力 ↓ ④気づきが実践できる力 ↓ ⑤他者との折り合いをつける ↓ ⑥相手の発言を受容できる この⑥の時に最も信頼関係が 必要だと思うんです。 発言されるという事は 場

療育の根拠

ココチムでは 児童発達支援と放デイ の療育について根拠を大切に 取り組んでいます。 児童発達の児童において大切に しているのは非認知ですね! 認知が確立していないので ABA(応用行動分析学)で 療育を行っています。 簡単に言うと自己が確立して いないので正しい行動を 褒めながらダイレクトに 入力できるのですね♪ これは早期療育の利点とい えます。 反面、6歳からの放デイ児童 においては認知が出来

勉強についていけない

ついていけない こともあれば、 物足りないこともある。 義務教育が苦手とするところ ですね! 私は、前者のついていけない 子どもを担っていますので こちらについて書いてみますね。 原因は 教え方がその子に合って いないからですね。 わからないまま 授業が進んでいってしまい ますから、勉強が嫌いに なったり苦手になるのも わかりますね。 どうすれば? ①一回止まって整理しよう ②得意なことから勉強が

Comments


bottom of page