top of page

信頼関係の重要性について

信頼関係と一口にいっても

ものすごーい

深い意味がありますね!


子供が療育過程をフローにしてみると

少し短絡的にはなりますが

こんな感じだと思うんです。


①予告で行動できる力

    ↓

②待つことで自分を築く力

    ↓

③行為の動機を確認する力

    ↓

④気づきが実践できる力

    ↓

⑤他者との折り合いをつける

    ↓

⑥相手の発言を受容できる


この⑥の時に最も信頼関係が

必要だと思うんです。

発言されるという事は

場合によれば否定される

ということにもなるわけです。

「あなたのそれは違いますよ」

「君のその行動は良くないよ」

みたいな感じの時、療育において

絶対的な信頼関係がないと

できないことなのです。


例)

宿題はしないの?

「面倒くさい」から諦める?

今日も自分の心のささやきに

惑わされるの?

少しでも宿題をしてベスト

を尽くすんだったよね!

ささやきを聞き入れる?

それとも、

ささやきを気にしないで

勇気を出して頑張る?


というような感じまで

言えるためには相当の信頼関係

が必要になるんですね。


ですから、ココチムでは

上記のフローの⑥になる段階

までは心の声をしっかり聞いて

本当に大丈夫だと思ったときに

そうです、信頼関係が完璧に

なったとき、始めて否定を使

うことが許されると思って

ますね。




閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

療育の根拠

ココチムでは 児童発達支援と放デイ の療育について根拠を大切に 取り組んでいます。 児童発達の児童において大切に しているのは非認知ですね! 認知が確立していないので ABA(応用行動分析学)で 療育を行っています。 簡単に言うと自己が確立して いないので正しい行動を 褒めながらダイレクトに 入力できるのですね♪ これは早期療育の利点とい えます。 反面、6歳からの放デイ児童 においては認知が出来

勉強についていけない

ついていけない こともあれば、 物足りないこともある。 義務教育が苦手とするところ ですね! 私は、前者のついていけない 子どもを担っていますので こちらについて書いてみますね。 原因は 教え方がその子に合って いないからですね。 わからないまま 授業が進んでいってしまい ますから、勉強が嫌いに なったり苦手になるのも わかりますね。 どうすれば? ①一回止まって整理しよう ②得意なことから勉強が

障害って障害なのかなー

特性を持った子供たち 色々な特性がありますが みんなとっても賢いんです。 障害というのか、 一般的な生活がその子のペース に合っていないだけで・・・ そのぺースさえ受容し気持ちを わかってあげれば しっかり成長するんですよね! 本当にビックリさせられて います。 ・記憶力がいい ・知識が豊富 ・観察力が優れている ・やさしいがある ・思いやりがある 脳が自分のペースになれば 能力が発揮できすんです

Comments


bottom of page