top of page

反動を減らす方法

「買わないよ」

「ダメだよ」

「行かないよ」

「違うよね」


以上の言葉の文頭に

○○をつけた感じが

子ども日常の生活の中で

がわがままをいう

時ですね!


すると、

泣きわめく

大声を出す

ひどい言葉を使う

こんな感じになります。


例えば

前回のブログに乗せた

買物編では

「買って買ってー!」

泣きわめいて

大きな声でその場を動かない。


「買いません」


この時の介入として

どうすれば良いかという事です。


「欲しい時はなんていうの?」

買ってーともっと激しく

なりますが待ちます。

黙々と買い物をします。


改めて

「ほしい時はなんていうの?」

ここで少し寄り添ってもいい

かもしれません。

「欲しいよね、そうだよねと」


改めて

「欲しい時はなんていうの?」

欲しいものがお菓子だったら

「お菓子買ってほしい」って

言ってごらん!


「お菓子買ってよ」といじれる

返答ぐらいが帰ってくれば

買ってあげれますね♪


泣きじゃくる、大きな声をだす

わがままを言う、

この行為が正しく置き換えられ

たわけですね^^


完璧でなくてもよくて

ブツブツモジモジ「買ってよ」

でもOKなんです。


そのうち、ちゃんと伝えれば

買ってもらえることがわかるので

反動はなくなっていくわけです。


正しい伝え方が習得

出来たのです。


またよくなっても

たまに出てくることも

ありますが、同じ過程で

アプローチすれば

反動はすぐ収まります

ので大丈夫です^^





閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係の重要性について

信頼関係と一口にいっても ものすごーい 深い意味がありますね! 子供が療育過程をフローにしてみると 少し短絡的にはなりますが こんな感じだと思うんです。 ①予告で行動できる力 ↓ ②待つことで自分を築く力 ↓ ③行為の動機を確認する力 ↓ ④気づきが実践できる力 ↓ ⑤他者との折り合いをつける ↓ ⑥相手の発言を受容できる この⑥の時に最も信頼関係が 必要だと思うんです。 発言されるという事は 場

療育の根拠

ココチムでは 児童発達支援と放デイ の療育について根拠を大切に 取り組んでいます。 児童発達の児童において大切に しているのは非認知ですね! 認知が確立していないので ABA(応用行動分析学)で 療育を行っています。 簡単に言うと自己が確立して いないので正しい行動を 褒めながらダイレクトに 入力できるのですね♪ これは早期療育の利点とい えます。 反面、6歳からの放デイ児童 においては認知が出来

勉強についていけない

ついていけない こともあれば、 物足りないこともある。 義務教育が苦手とするところ ですね! 私は、前者のついていけない 子どもを担っていますので こちらについて書いてみますね。 原因は 教え方がその子に合って いないからですね。 わからないまま 授業が進んでいってしまい ますから、勉強が嫌いに なったり苦手になるのも わかりますね。 どうすれば? ①一回止まって整理しよう ②得意なことから勉強が

Comments


bottom of page