top of page

最近おしっこ多いな^^;

ここ最近、学校でお漏らし

多くなってるよーー


これは、また注目だわな^^;

あるいは逃避が注目に変わる

感じの変化球ですな( ..)φメモメモ


行動の機能というのは

必ずしも一つではないんです。

結構オーバーラップしますね!


こんな時どうしましょうか?


見極めですね!


どこをポイントにするかで

アプローチは変わってきますね。


逃避なら差し支えなければ

様子を見ます。

その先でお漏らししてたら

注目に対してのアプローチに

切り替わりますので

とりあえず、注目しないんですが

おしっこは拭かないといけないので


無言で拭くという感じでしょうね^^

無言というのがポイントですね!


子どもは悪いことをしたと

わかってますので


しばらくするとよってきます。


その時です!

「さっきは逃げていって途中から

寂しくなったんだね。わかるよ」


「寂しい時は寂しいって言ってね💚

見てほしい時は見てて言ってくれれば

いいんだよ。

寂しかったね・・・

怖くなったんだね・・・」

と子どもを納得させます。


でもまた繰り返されますが

少しづつ治りますので

大丈夫V


決して間違ったタイミングで

声掛けをしてはいけませんね。


それは、親としては辛い時

もありますが、

子どもが寄ってくるまでは

我慢しましょう^^


パパは変化球を使えるように

成長したこと誇りに思います💙









閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係の重要性について

信頼関係と一口にいっても ものすごーい 深い意味がありますね! 子供が療育過程をフローにしてみると 少し短絡的にはなりますが こんな感じだと思うんです。 ①予告で行動できる力 ↓ ②待つことで自分を築く力 ↓ ③行為の動機を確認する力 ↓ ④気づきが実践できる力 ↓ ⑤他者との折り合いをつける ↓ ⑥相手の発言を受容できる この⑥の時に最も信頼関係が 必要だと思うんです。 発言されるという事は 場

療育の根拠

ココチムでは 児童発達支援と放デイ の療育について根拠を大切に 取り組んでいます。 児童発達の児童において大切に しているのは非認知ですね! 認知が確立していないので ABA(応用行動分析学)で 療育を行っています。 簡単に言うと自己が確立して いないので正しい行動を 褒めながらダイレクトに 入力できるのですね♪ これは早期療育の利点とい えます。 反面、6歳からの放デイ児童 においては認知が出来

勉強についていけない

ついていけない こともあれば、 物足りないこともある。 義務教育が苦手とするところ ですね! 私は、前者のついていけない 子どもを担っていますので こちらについて書いてみますね。 原因は 教え方がその子に合って いないからですね。 わからないまま 授業が進んでいってしまい ますから、勉強が嫌いに なったり苦手になるのも わかりますね。 どうすれば? ①一回止まって整理しよう ②得意なことから勉強が

Commenti


bottom of page