top of page

事例

勉強に取り掛かれない


予告

「宿題終わった?」

「今日はどんな宿題?」

これで宿題をする気持ちの

準備ができますね^^


指示

しばらく待ってみて

様子をみます。

まーこれで取り掛かれる

ことはないかな^^;

そこで、あらかじめ「予告」

してあるので

「ママ今日どんな勉強したか見たいな」

「ママと一緒にしようよ」

「ランドセル持ってこれる」

みたいな感じで指示を入れることをします。

「○○ちゃんの得意な国語からしようよ」


「まだ、テレビ見たいしYoutubeみたいし」

「ゲームしてるから」ってな返答が予想

されますね^^;


そこで、「あと10分したらしようね!」

とか「宿題大変だよね!」とか

「宿題終わったらまた好きなこと出来るよ」

とか寄り添った刺激を入れます。


このくらいで動き出してくれるかなー

動き出してくれた褒めましょう!!


完全じゃなくてもいいんですよ。

まずは取り組もうとする姿勢が

見られればいいと思います。


目的は宿題に取り掛かれるようになる

ことです。これを繰り返していれば

しっかり出来るようになりますよね!


もちろん、しないことも想定されます。

じゃー明日はしてね!

それでも良いと思いますね^^


ゆっくり待ちながら取り組める

姿勢を作っていくことも

教育なので繰り返し声掛けをして

小さいステップを踏みながら

頑張っていけば変わっていきますね^^


比べるのは周りではなく

昨日の自分ですから前に

進んでると思われることが

少しでも見えればすかさず

褒めていきましょうね!


最後は褒めて終了です!

1%でも

自己不全感を自己肯定感に

する形で終われますからね^^/


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係の重要性について

信頼関係と一口にいっても ものすごーい 深い意味がありますね! 子供が療育過程をフローにしてみると 少し短絡的にはなりますが こんな感じだと思うんです。 ①予告で行動できる力 ↓ ②待つことで自分を築く力 ↓ ③行為の動機を確認する力 ↓ ④気づきが実践できる力 ↓ ⑤他者との折り合いをつける ↓ ⑥相手の発言を受容できる この⑥の時に最も信頼関係が 必要だと思うんです。 発言されるという事は 場

療育の根拠

ココチムでは 児童発達支援と放デイ の療育について根拠を大切に 取り組んでいます。 児童発達の児童において大切に しているのは非認知ですね! 認知が確立していないので ABA(応用行動分析学)で 療育を行っています。 簡単に言うと自己が確立して いないので正しい行動を 褒めながらダイレクトに 入力できるのですね♪ これは早期療育の利点とい えます。 反面、6歳からの放デイ児童 においては認知が出来

勉強についていけない

ついていけない こともあれば、 物足りないこともある。 義務教育が苦手とするところ ですね! 私は、前者のついていけない 子どもを担っていますので こちらについて書いてみますね。 原因は 教え方がその子に合って いないからですね。 わからないまま 授業が進んでいってしまい ますから、勉強が嫌いに なったり苦手になるのも わかりますね。 どうすれば? ①一回止まって整理しよう ②得意なことから勉強が

Comments


bottom of page