top of page

WISCとABA(応用行動分析学)

子どもの発達を関係各所に提供する材料として

よくウィスクラ―式知能検査があります。


よく言われるWISCですね!

(WPPSIのこともあります)


・全検査IQ

・言語理解指標

・知覚推理指標

・ワーキングメモリ指標

・処理速度指標


このようは指標で子どもの得意

不得意を見て学校や家庭で生活しやすく

することが目的です。


各指標を見たり、各指標間の

バランズ凸凹を見たりして

発達障害の判定の一つとしても

使われております。


ただし、WISCだけでは発達障害の

判断はできなく行動観察やスクリー二ング

検査も必要とされます。


本題ですがABAはWISCを加味して

実践するのかという事なんですが、


答えは

本来ABAというのは元々は動物の

行動を実験した根拠をもとにして

人間に応用したものですから

きわめて普遍的なものです。


ですから、凸凹を見なくてよい

わけです。

ただし、WISCとリンクさせては

いけないことはありませんよ。

ただそこまでシステマチックに

実践することは稀ですし、少なくても

未就学児ではないと考えます。


ABAはとても普遍的な学問で

安心できますね^^


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係の重要性について

信頼関係と一口にいっても ものすごーい 深い意味がありますね! 子供が療育過程をフローにしてみると 少し短絡的にはなりますが こんな感じだと思うんです。 ①予告で行動できる力 ↓ ②待つことで自分を築く力 ↓ ③行為の動機を確認する力 ↓ ④気づきが実践できる力 ↓ ⑤他者との折り合いをつける ↓ ⑥相手の発言を受容できる この⑥の時に最も信頼関係が 必要だと思うんです。 発言されるという事は 場

療育の根拠

ココチムでは 児童発達支援と放デイ の療育について根拠を大切に 取り組んでいます。 児童発達の児童において大切に しているのは非認知ですね! 認知が確立していないので ABA(応用行動分析学)で 療育を行っています。 簡単に言うと自己が確立して いないので正しい行動を 褒めながらダイレクトに 入力できるのですね♪ これは早期療育の利点とい えます。 反面、6歳からの放デイ児童 においては認知が出来

勉強についていけない

ついていけない こともあれば、 物足りないこともある。 義務教育が苦手とするところ ですね! 私は、前者のついていけない 子どもを担っていますので こちらについて書いてみますね。 原因は 教え方がその子に合って いないからですね。 わからないまま 授業が進んでいってしまい ますから、勉強が嫌いに なったり苦手になるのも わかりますね。 どうすれば? ①一回止まって整理しよう ②得意なことから勉強が

Comments


bottom of page